こんにちは、栗原政史です。今回は「ノート(日産)」です。

日産ノートは、日産自動車が製造・販売しているハッチバックタイプの乗用自動車です。ここでは、ノートの特徴や燃費、性能など現在の型に至るまでの経緯についてご紹介していきましょう。

ノートの概要について

ノートの社名の由来は、音符と雑記帳の意味からきています。日常の何気ない音に混ざって様々な生活を記録していくことで、生活の一部として利用してほしいという開発者の願いが込められているようです。同じ日産自動車であるマーチなどにも採用されるプラットフォームを基軸に開発された乗用車で、初代型は1.5Lエンジンのみが用意され価格も安く提供されていました。2016年11月に登場した新型ノートe-POWERは、日産ならではのEV技術や低燃費な点が大きな特徴です。

ノートの性能について

新型ノートの最高燃費は37.2㎞/Lで、コンパクトカーの中でもトップクラスの燃費性能となっています。これはエアコンを装着していないグレードで出た数値ですが、最も主力となるグレードでも34.0㎞/Lを維持しているため、燃費性能は期待以上であると言えるでしょう。

また、日産独自のハイブリットシステムが搭載されているのも大きな特性です。
この利点では、エンジンを発電専用にして最も効率の良い回転域を使用し発電機を駆動していることです。エンジン作動を短時間にし、燃費性能の効率をアップさせることができます。

また、電気自動車技術を使いハイブリットでありながら電気自動車ならではの走りを維持することができるでしょう。エンジンを立ち上げた時の静粛性は、「ブルルルルルン」というエンジン音と共に小刻みな揺れが若干あります。しかしこれはエアコンの作動状況やバッテリーの充電状況によって変化するようになっています。

エンジン作動の仕方や充電が一定量を超えている場合は、ほぼ無音でエンジンが駆動する可能性が高いです。エンジン立ち上げ時や発進時は比較的静かですが、中速域からの加速に関してはエンジン音が気になることもあるでしょう。

ノートの歴史

日産ノートは2004年に初代E11型が登場し、グッドデザイン賞に選ばれ特別仕様車を発売しながら、性能や燃費の向上を追加しています。2012年にはE12型の2代目が発売され、ハイブリット車を除くガソリン自動車でナンバーワンの売上記録を達成しました。その後RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、新型ノートで世界初のシリーズ式ハイブリットシステムを採用する歴史があります。

まとめ

ここまで日産ノートの特徴や性能、歴史などについてご紹介してきました。現在のe-POWER搭載車である新型ノートは、マイナーチェンジによって売上が再び上昇しています。これを機に追浜工場でのノート自動車生産は、急激に伸びていることが予想できます。