こんにちは、栗原政史です。日産自動車のキューブは、四角いキューブ型のデザインが特徴的な車です。個人的にあまり好きではありません。居住スペースを重視した車となっていますが、ここではそんなキューブの概要や性能、歴史などを紹介していきます。

キューブの概要

キューブは日産とアライアンス関係を結んでいるルノーと共同開発したプラットフォームを採用した車で、1998年に誕生しました。他の車種にはないフォルムと乗り心地の良さで人気の車となっており、空間を無駄なく使用した社内も特徴的です。

また、11種類のカラーバリエーションや7種類のインテリアから選択することができ、自分だけのオリジナルを選べるというのも魅力ではないでしょうか。キューブのコンセプトも、「自分らしさを出せる」となっており、自分らしい車内にできる癒し系の車と言えるでしょう。

キューブの性能

現在キューブはガソリン車のみですが、アイドリングストップが採用され、燃費は19.0km/Lとなっています。リアルタイムの燃費や平均燃費がわかるファインビジョンメーターやエコモードスイッチなどもあり、エコドライブを楽しむことができるでしょう。

また、車線変更時や合流時などの動作もスムーズで、ふらつきが少ないです。安全装備については、セーフティーシールドが導入されており、様々な危険回避機能を搭載しています。キューブは車内スペース効率が非常に良く、ソファに座っているかのような柔らかいシートが装備されているため、乗り心地が良いと評判です。

キューブの歴史

キューブは1998年に誕生し、現在のモデルは3代目となります。初代のキューブは現在とボディデザインが違い、少し固い印象となっていました。2002年以降、2代目のモデルになってからは、デザインを大幅にチェンジしたことで大きなインパクトと好評価を与えています。現在の3代目モデルは2008年からのもので、最近では近いうちにフルモデルチェンジが行われるのではないかと言われています。

まとめ

今回は、日産自動車のキューブについて紹介してきました。キューブは大きなフロントや死角を作りやすいAピラーの形状も特徴的です。また、のんびりと街中を走るのに向いている車と言われていることからも、若い女性や主婦にも向いている車と言えるでしょう。立方体を連想させるデザインによって、車内空間が広く取れるトールワゴンとなっています。今後フルモデルチェンジすることになれば、キューブならではのデザインがどのように変わるのかも注目されることでしょう。